​「かかし応援隊2021」について

ごあいさつ

 昨年の今頃、コロナ禍のもと、38年続いてきた『ケルネル田んぼかかしコンクール』についても自粛要請があり「開催は中止か」と諦めかけていました。しかし、「この状況で頑張っている方々を何かの方法で応援できないだろうか」と仲間と思案。『かかしコンクール』を『かかし応援隊2020』として、活動を継続いたしました。その結果、有志によるかかし20体余りが出展され、ケルネル田んぼを彩ることができ、関係各所からも高い評価を得ることができました。ご賛同・ご出品くださった皆様には感謝いたすものです。この場を借りてお礼申し上げます。
 明けまして本年、予想外に長引く状況下、昨年同様自粛を受け、本年も『コンクール』としての呼びかけは難しいと判断。そんな中「感染拡大防止に取り組む医療従事者の方を応援しよう」という目的のもと、39年引き継がれてきた『かかしのタスキ』を40年に向けて『かかし応援隊2021』として途絶えさせることなく継続できる運びとなりました。
 今回は特に長期にわたり私たちの健康のために日夜奮闘くださっている医療現場の方々への感謝の思いを込めたかかしの募集となります。その趣旨をご理解の上、皆様の「応援かかし」で、今年もケルネル田んぼを彩りたいと考えております。
 文末になりましたが、このイベントに協賛・協力に名乗りを挙げてくださった方々に、深く感謝いたすものです。「今しかできないこと」を、皆様と共有できることに、大きく励まされています。皆様のご健勝とともに、実りの秋にはワクチン効果が現われ、コロナ感染が一日も早く解消され、平穏な日々が戻りますよう切に願うところです。

令和3年7月吉日                     
「駒場かかしプロジェクト」 かかし応援隊2021 隊長 松本國男

2020.jpg
2020B.jpg